兵庫で田舎暮らし 〜多自然居住支援サイト〜

文字を拡大するには
サイトマップ プライバシーポリシー

みんなの掲示板

この掲示板は、イベントの開催や、開花・魚釣り・旬の食べ物・新酒・紅葉・積雪など各地からの情報提供、田舎暮らしの悩み相談などにご利用ください。

書き込みされた情報は、ホームページ管理者に送信され、管理者の承認後、ホームページに反映されますので、多少お時間いただく場合があります。

個人やグループを誹謗中傷するものや営利目的の書き込み等はお断りいたします。

は、入力必須項目です。

お名前 (ハンドルネーム可)
タイトル
メッセージ
画像
注)
ファイルタイプ指定
ファイルサイズ制限



jpg、jpeg、gif、bmp
50kB以内かつ横幅500px以内でお願いします
画像認証
上記画像の中の英数字を下記入力欄に記入してください。

BBS01042 ひょうご田舎暮らし・多自然居住支援協議会さん 2009年2月9日

農村ボランティア募集説明会

2/1に田舎暮らし臨時相談所を楽農生活センターで開催しましたが、農業への質問も多数ありました。
そんな農業へ関心のある方への朗報です。
楽農生活センターで主催する、「農村ボランティア説明会」が下記日程で開催されます。

【神戸会場】
平成21年2月15日(日)13:00から16:30
兵庫県学校厚生会館にて

【姫路会場】
平成21年2月22日(日)13:30から16:30
西播地域地場産業振興センター(じばさんびる)にて

詳しくはこちらをご覧ください。
(告知HP)http://hyogo-rakunou.com/nousonbora/index.html#2
(チラシ)http://hyogo-rakunou.com/nousonbora/pdf/210215.pdf

BBS01039 屋根晴さん 2009年2月1日

「茅葺屋根再生」ビデオご覧ください。

●「茅葺屋根再生」ビデオご覧ください。2月20日まで

神戸出身、京都美山の茅葺き職人、西尾晴夫と申します。
茅葺き屋根のできるまでを収録した、プロモーションビデオ「茅葺屋根再生」が、
「東京ビデオフェスティバル 第31回 TVF2009」において「佳作」入選いたしました。
WebSiteをぜひご覧ください。2月20まで↓ココデ無料配信されております。
http://tvf2009.jp/movie3/index.php?itemid=52

「茅葺屋根再生」作品概要
150年の歴史がある兵庫県の旧家で、茅葺屋根の葺き替え再生を行った5ヶ月間のド
キュメンタリー。
今では茅葺職人が少なく、京都の若い職人・西尾晴夫が自炊しながら、伝統技術で取
り組み、大工さんと共に完成。

わずか“11分40秒”の視聴時間をいただき、イイなぁと思われたら、
ボタン『この作品に投票する』をクリックして、1票もお願い申し上げます。
無記名で、どなたでも投票できます。
投票期間 1月22日から2月20日まで。
たくさんの方へお知らせいただくと助かります。

かやぶき専門 屋根晴
西尾 晴夫
601-0751京都府南丹市美山町島英サ29
http://yaneharu.hp.infoseek.co.jp/menu.htm

BBS01023 ひょうご田舎暮らし・多自然居住支援協議会事務局さん 2008年12月25日

播磨で田舎暮らし!

播磨地域の田舎暮らし相談所の開催が決まりました!
今回はじめて、兵庫楽農生活センターで開催します。
日時:平成21年2月1日(日)10:00〜14:00
【楽農生活センターでの「節分イベント」内での開催となります。田舎暮らし臨時相談所以外にも、出展多数!】
1年で一番寒い時期の開催となりますので、暖かい服装でおこしください。みなさんのご参加をお待ちしています。

BBS01022 ひょうご田舎暮らし・多自然居住支援協議会事務局さん 2008年12月25日

但馬で田舎暮らし!

神戸そごうのひょうごふるさと館で、本年度2回目となる但馬地域の田舎暮らし臨時相談所を開催することが決まりました。
日時:平成21年1月25日(日)10:00から16:00
みなさんのご来場をお待ちしています。

BBS00944 神河町地域振興課さん 2008年10月22日

大河内高原カクレ畑ログハウス村ふれあい農園収穫祭

【イベント概要】
今回は夏にイベントで種を蒔いた秋野菜の収穫体験と旬の野菜で作った豚汁を味わっていただこうというイベントです。同時にログハウス村のモデルハウス展示会も開催します。
●日時:平成20年11月23日(日)午前10:00〜午後2:00 ※小雨決行
●場所:兵庫県神崎郡神河町長谷カクレ畑
(案内図をご覧下さい。)
●参加費:無料
●申し込み:あらかじめ人数の把握をしたいので、申し込み用紙に必要事項をご記入の上、郵送またはFAXで下記の宛先へお申し込み下さい。
神河町地域振興課
FAX:0790-34-0691/TEL:0790-34-0185
〒679-3116
兵庫県神崎郡神河町寺前64
●締め切り:11月18日(火)必着
●内容:
・豚汁、おにぎり、お餅(豚汁引換券1枚でご家族4人まで無料サービス。)
・モデルハウス見学会(アンケート用紙に記入いただけば「野菜引換券」をお渡しします。)
・野菜収穫体験(「野菜引換券」で体験していただけます。)
・青空市(地元で採れた野菜等を販売いたします。)
●その他の体験イベント
・ドライフラワーアレンジ教室・・・隣接のエルビレッジグリーンハウスで随時実施中。(10分〜15分ぐらいの簡単な教室となります。材料費1000〜2000円別途材料代要)
●特典
・8月末までにカクレ畑区画のいずれかをご成約の方に抽選で1名の方に、3坪のログハウスキットを無料でプレゼントします。
●申込み書は下記サイトからダウンロードして下さい。
http://www.town.kamikawa.hyogo.jp/forms/info/info.aspx?info_id=7874

BBS00732 神河町さん 2008年6月30日

大河内高原カクレ畑ログハウス村イベント「自分たちの田舎を作ろう」

大河内高原カクレ畑ログハウス村イベント「自分たちの田舎を作ろう」
関西の軽井沢と言われる大河内高原の麓に位置する「大河内高原カクレ畑ログハウス村」は昨秋に誕生したばかりの新しい村です。
生まれたばかりの村を手づくりで育てあげ、オリジナルティあふれる自分たちだけの田舎づくりに参加しませんか?
田舎暮らしに関心のある方や木工芸体験してみたい方など多くの皆様のご参加をお待ちしております。

イベントの概要

今回は村の休憩小屋やベンチ、テーブルを製作します。(大工さんやビルダーがていねいに指導しますので、どなたでも気軽にご参加いただけます。)女性や子供さんのためのサブイベントも用意しております。




●日時:平成20年8月9日(土)〜10日(日)午前10:00〜午後4:00


※雨天の場合、その日は中止となります。


●場所:兵庫県神崎郡神河町長谷カクレ畑


(案内図をご覧下さい。)


●参加費:500円/人(保険料込み)当日現地で徴収します。


●申し込み:申し込み用紙に必要事項をご記入の上、郵送またはFAXで下記の宛先へお申し込み下さい。


        (申し込み用紙のダウンロードはここをクリックして下さい。)


  神河町地域振興課  FAX:0790-34-0691


  〒679-3116 兵庫県神崎郡神河町寺前64


●締め切り:8月5日(火)必着(定員になり次第締め切りとさせていただきます)


●その他:飲み物、昼食は各自でご用意下さい。お弁当(1,000円)をご希望の場合は事前にお申し込み下さい。木工作業のできる服装でお越し下さい。


●その他の体験イベント


・農作業体験(野菜の種まき)・・・収穫の時期には収穫祭イベント計画中。


・ドライフラワーアレンジ教室・・・隣接のエルビレッジグリーンハウスで随時実施中。(10分〜15分ぐらいの簡単な教室となります。材料費500円別途)







交通アクセス

●お車でお越しの場合
播但自動車道路「神崎南」で下車、西へ約10km

●電車でお越しの場合
JR姫路駅からJR播但線に乗換え「寺前駅」下車後、川上行きバスで「新田」バス停下車後、徒歩5分。
※当日、姫路発8:43、寺前着9:28でお越しの場合は、寺前駅までお迎えに上がります。お申し込みの際にお申し出下さい。




本文終わり




この情報のお問い合わせ先
地域振興課 地域振興係
〒679-3116
兵庫県神崎郡神河町寺前64番地
Tel: 0790-34-0185

Fax: 0790-34-0691
E-Mail: tiiki_shinko@town.kamikawa.hyogo.jp

BBS00562 ひょうご田舎暮らし・多自然居住支援協議会事務局さん 2008年5月8日

井上さんへ

 早速のお問い合わせありがとうございます。
 こちらから連絡をさせていただきたいのですが、手段がありませんので、大変お手数ですが、ひょうご田舎暮らし・多自然居住支援協議会事務局(兵庫県都市政策課 電話078-362-4324)までご連絡いただけますでしょうか。もう少し内容を具体的にお話いただいて、協力団体にあたってみたいと思います。

BBS00553 井上さん 2008年5月4日

教えてください。

この度淡路島に8年ぶりに戻ってきました。実家にUターンという形ですが元々
農家ですので 田やみかん山などが荒れ果てております。まとまった面積で
3000坪以上あります。海も見え県道沿いで少し手を加えれば 十分宅地として活用できると思いますが そのような土地を求めている方との接点がありません。淡路地域で多自然居住の推進につき会議が行われたとの事ですが
物件を 紹介したいのですが教えていただけないでしょうか。
私自身も淡路住民として 地元に住んでおりますので 有形無形のアシストはできると思います。
使っていないみかん山や田を有効に活用できるよう NPOの方や業者さんを紹介いただければと思います。

BBS00541 ひょうご田舎暮らし・多自然居住支援協議会事務局 さん 2008年5月2日

淡路地域での打合せ

 県内外から「田舎暮らし」先として人気の高い淡路島で、多自然居住の推進をいかにして進めるかという打合せを行ないました(4月30日・淡路県民局にて。メンバーは洲本・淡路・南あわじ3市の担当課と淡路県民局、島内の2NPO、そして我々です。)。
 当日の会議では宅建協会の淡路支部にもご参加いただき、我々が一番ネックとしている居住物件についても、専門的かつ具体的なアドバイスをいただき、有意義な打合せとなりました。
 また、伝手がなく不案内な地域で都会の人が「田舎暮らし」を始めるにあたり、地元でいろいろ総合的にコーディネートしていく仕組みを作っていけないか、ということも議題にあがりました。こちらについてはNPOの方が前向きに考えてくれ、動き始めそうです。もちろん進めるにあたり、いろいろと課題が出てくるとは思いますが、多方面の団体と調整して、進めていければと思います。

BBS00495 ひょうご田舎暮らし・多自然居住支援協議会事務局さん 2008年2月18日

相談所チラシの設置

先週の金曜日に「ひょうごふるさと館」さん、「神戸市総合インフォメーションセンター」さん等、三宮界隈で協議会にいつもご協力いただいている施設に、3/8の相談所のチラシ設置をお願いしてきました。今回も快諾いただきありがとうございます(^^)!
今年は2月なってから、強い寒波に見舞われて、私が住んでいる六甲山の北側の住宅街でも毎週のように雪が積もっています。但馬地方でも、たくさん雪が降っているようですが、田舎ならではの暖かみのある暮らしの魅力、冬の味覚について、「いなか暮らし塾」さんのブログに発表されていますので、一度のぞいてみられてはいかがでしょうか?

http://www7b.biglobe.ne.jp/~inaka/news.htm

私も行ってみたくなりました(^^;)・・・
興味を持たれた方は、ぜひ3/8(土)の相談所へようこそ!!

ページのトップへ

Copyright Hyogo Prefecture.All Rights Reserved.