兵庫で田舎暮らし 〜多自然居住支援サイト〜

文字を拡大するには
サイトマップ プライバシーポリシー

ひょうご田舎暮らし・多自然居住支援協議会

 兵庫県の多自然地域(田舎・ふるさと)の魅力ある情報を、県内内外の都市住民へ統一的・効果的に発信することを目的として、県内9市町、4団体、兵庫県により「ひょうご田舎暮らし・多自然居住支援協議会」を平成19年8月29日に設立しました。

【会員】15市町、4財団、6NPO、1団体(平成26年4月1日現在)
兵庫県、洲本市豊岡市たつの市篠山市養父市赤穂市加西市丹波市南あわじ市朝来市淡路市多可町神河町佐用町香美町
公益財団法人但馬ふるさとづくり協会公益財団法人兵庫丹波の森協会
NPO法人北はりま田園空間博物館NPO法人ほっとネット373NPO法人たんばぐみ一般財団法人神楽自治振興会NPO法人ふるさと応援隊NPO法人あわじFANクラブ 一般財団法人淡路島くにうみ協会田舎暮らし倶楽部NPO法人棚田LOVER'S

平成25年度事業(実施結果)

1 ひょうご田舎暮らし臨時相談所の設置

各市町・団体が取り組む田舎暮らし施策の積極的なPR、田舎暮らしを希望される方の相談、田舎暮らしの意識調査(アンケート)を、都市部の集客施設等で実施しています。

日程 場所 来場者数
05月18日(土) JR三ノ宮駅南側 円形広場 約500名
07月07日(土)

兵庫楽農生活センター

約80名
9月25日(土) シティプラザ大阪 (ふるさと回帰フェア2010in大阪) 約190名

2 ひょうご田舎暮らしセミナーの実施

田舎暮らしに関心のある方を対象に、都市部から兵庫県の多自然地域に移住した方が兵庫県での田舎暮らしの経験談をホンネで語るセミナーを開催しました。

日時  平成26年3月1日(土)13:30〜15:00

場所  大阪ふるさと暮らし情報センター

3 田舎暮らし情報発信の強化・充実                  
(1) 改訂パンフレット「兵庫で田舎暮らし」の配布
 H25.3月に改訂版3,000部発行し、会員(市町・団体)施設、多自然居住交流拠点、古民家再生事業による拠点、地域再生大作戦関連施設、ふるさと回帰支援センター等に設置する他、田舎暮らし臨時相談所、兵庫楽農生活センター及び就農支援センターでのイベント等で配布を行った。好評により、3,000部増刷(H26.3月)。
 
(2) ホームページによる情報発信
ホームページ「兵庫で田舎暮らし〜多自然居住支援サイト〜」により、兵庫県内の田舎暮らしに関する情報や物件情報、相談会・イベント開催情報等をリアルタイムに発信しました。

(3)「フェイスブック」を活用した情報発信(H25.6.23〜)
利用者数の増加が著しいフェイスブックを活用し、幅広い情報発信に努めました。

  • 開設日 H25.6.23
  • ページ名「兵庫で田舎暮らし」

4 アンテナショップ「ひょうごイナカフェ」との連携・活用
元町商店街にオープンしたアンテナショップ「ひょうごイナカフェ」において、多自然地域での田舎暮らしに関する情報や定住に向けた空き家情報等を都市住民に発信しました。
   ・田舎暮らし相談会inひょうごイナカフェ(但馬地域)開催(10/19)
   ・田舎暮らし相談会inひょうごイナカフェ(西播磨地域)開催(10/26)

平成22年事業(実施結果)

1 懸架ラックの作成・設置(パンフレット配布先の拡充)
協議会パンフレット及び協議会会員広報物を懸架する木製ラックを多自然居住関連施設(7箇所)に設置し、田舎暮らしの情報発信の充実を図りました。
・多自然居住交流拠点施設(多自然地域4箇所、都市部2箇所)
・兵庫楽農生活センター(神戸市西区)

参考:これまでのパンフレット配布先
協議会会員窓口、田舎暮らし臨時相談所、県内ローソン55店舗、ふるさと情報プラザ、東京の県人会、都市部アンテナショップ、楽農生活センター、就農支援センター

2 相談対応マニュアルの作成
新担当職員等が田舎への移住希望者の相談に対応できるよう、ヒアリングのポイント等を記載した「移住・定住に向けた相談対応マニュアル(新担当職員研修用)」を作成しました。

3 ひょうご田舎暮らし臨時相談所の設置
各市町・団体が取り組む田舎暮らし施策の積極的なPR、田舎暮らしを希望される方の相談、田舎暮らしの意識調査(アンケート)を、都市部の集客施設等で実施しています。
※天候不順のため、6/26(土)JR三ノ宮駅南側は途中中止、10/30(土)31(日)県立明石公園は中止。

日程 場所 来場者数
06月26日(土) JR三ノ宮駅南側 円形広場 途中中止
09月04日(土) シティプラザ大阪 (ふるさと回帰フェア2010in大阪) 約100名
10月
30日(土)31日(日)
明石公園 (兵庫県民農林漁業祭) 中止

 

平成21年度事業(実施結果)

1 パンフレットの全面改訂
都市農村交流の取組、施設種別(短期滞在型、長期滞在型)ごとに編集し、田舎暮らしの先輩からメッセージ等を加え、全面的に改訂しました。

2 ホームページの強化・充実
田舎暮らしを検討されている方からのお問い合わせにお答えするため、「お問い合わせフォーム」の運用を開始するなど、ホームページを改訂しました。

3 ひょうご田舎暮らし臨時相談所の設置
各市町・団体が取り組む田舎暮らし施策の積極的なPR、田舎暮らしを希望される方の相談、田舎暮らしの意識調査(アンケート)を、都市部の集客施設等で実施しています。

日程 場所 来場者数
06月27日(土) JR三ノ宮駅南側 円形広場 約550名
09月12日(土) 梅田スカイビル (ふるさと回帰フェア2009inおおさか) 約200名
07月12日(土) JR三ノ宮駅南側 円形広場 約300名
  合計 延べ3日 約1050名

 

平成20年度事業(実施結果)

1 パンフレットの更新
追加加入した団体の情報紹介をするため、初版パンフレットの差込版を作成しました。

2 ホームページの強化・充実
協議会活動および市町の多自然居住の取り組みを情報発信すべく、当ホームページの改訂をおこないました。また、田舎暮らしに役立つ情報をデータベース化し、ホームページ上で紹介できるように調整中です(一部公開済。「情報を集めよう」をご覧ください。)。

3 ひょうご田舎暮らし臨時相談所の設置
各市町・団体が取り組む田舎暮らし施策の積極的な広報、田舎暮らしを希望される方の相談、田舎暮らしの意識調査(アンケート)を、都市部の集客施設等で臨時相談所を設置して実施しています。
 20年度の実施結果は下記のとおりです。

日程 場所 協議会会員参加市町  
04月05日(土) 淡路夢舞台芝生広場(淡路市) 淡路地域
 
06月28日(土) ひょうごふるさと館(三宮) 淡路地域  
07月12日(土) ひょうごふるさと館(三宮) 但馬地域  
09月13日(土) ひょうごふるさと館(三宮) 播磨地域  
09月27日(土) ひょうごふるさと館(三宮) 丹波地域  
10月04日(土) ATCホール(大阪・南港) 全県
(ふるさと回帰フェア)
詳細
01月25日(日) ひょうごふるさと館(三宮) 但馬地域 詳細
02月01日(日) 兵庫楽農生活センター(西区) 播磨地域 詳細

4 講演会
(平成20年5月30日 兵庫県職員会館ホールにて実施)
『県・市町村連携による「田舎暮らし応援県わかやま」の取り組み』
講師:和歌山県企画部地域振興局地域交流課長 谷脇 幹雄

5 田舎暮らし総合コーディネートモデル事業
田舎暮らしの内容は、希望者により多種多様です。必要な情報も千差万別で、木目細やかな対応が求められますが、なかなか難しい現実がありました。
ひょうご田舎暮らし・多自然居住協議会では、できるだけ、ひとつの窓口で相談を受けられないかという要望に応えるため、ワンストップ窓口の設置を実験的に進めています。
県内全域を対象としたワンストップ窓口が理想ですが、臨時相談所で実施したアンケートで、田舎暮らしの場所として人気の高かった淡路島でモデル的に実施することとなりました。
 淡路島での田舎暮らしの相談は、協議会会員でもあるNPO法人あわじFANクラブが総合コーディネートの窓口となり、随時受け付けております。淡路島の3市の関係課、宅建協会淡路支部とも連絡を取り合い、情報を提供していきます。
ホームページ「あわじ暮らし」もぜひご覧ください。

ページのトップへ

Copyright Hyogo Prefecture.All Rights Reserved.