兵庫で田舎暮らし 〜多自然居住支援サイト〜

文字を拡大するには
サイトマップ プライバシーポリシー

田舎暮らしを始めよう

Q&A

質問1

このホームページで、私の希望条件に合った空き家情報(賃貸)を見つけましたが、どのように検討を進めていけば良いでしょうか?

答え1

まず、物件の確認をしてください。

空き家情報の問い合わせ先に連絡して、その空き家情報が現在も有効であることを確認してください。既に他の方が、空き家の所有者と具体的に交渉をされているかもしれません。

実際に現地を確認しましょう。

情報の有効性が確認できたら、建物を内覧させてもらうために、日程の調整をしましょう。所有者本人ではなく、ご近所の方や役場の職員が案内されることもあります。所有者は資産運用を目的にしている方は稀で、多くは地域の活性化に貢献しようという方や先祖からの遺産を大事にしたい方々です。ですから「客だ。」という態度は禁物です。

契約条件を確認しましょう。

内覧して思い通りの物件であることがわかったら、契約条件を確認しましょう。確認する項目は、「契約書」の内容が基本です。

こちらを参考にしてください。

不動産ジャパン(国土交通省認可)のホームページにも、不動産取引の基礎知識などが掲載されていますので、参考にしてください。

この時、敷地境界が曖昧である物件が多いですが、多自然地域においては特別に不良物件というわけではありません。分譲マンションや新興住宅地では珍しいかもしれませんが、多自然地域では境界杭が打ち込んであることは少なく、境界の印は石や溝であったり、大木であったりします。境界は明確に確定しなくても、お互いに気を使った生活がされていることが多いです。その辺のコツはなかなか難しいかもしれません。

ここで注意!

都会の分譲マンションと違って、田舎暮らしの場合は、もう一つ大事な注意事項があります。

そうです。集落とのおつきあいに関することです。どのような行事があるのか。参加や加入が必須のもの、参加したくてもすぐには参加できないものなど、細かく教えてもらいましょう。費用が発生するものもあり、金額が確定していないものがありますが、おおよその金額だけでも把握しておきましょう。テレビは個別アンテナでは映らないため、CATVや共視聴アンテナが敷設されている地域もあります。集落のことは役場だけに確認するのではなく、実際に住んでいる方にも尋ねましょう。集落との間を取りもってくれるNPO法人があれば心強いものです。

ページのトップへ

Copyright Hyogo Prefecture.All Rights Reserved.