兵庫で田舎暮らし 〜多自然居住支援サイト〜

文字を拡大するには
サイトマップ プライバシーポリシー

田舎暮らしを始めよう

Q&A

質問11

農地などを売買・賃借しようとするときは?

答え11

農地(田や畑、果樹園など)や採草放牧地については、所有権を移転(売買や交換、贈与など)したり、賃借(賃貸借や使用貸借など)する場合は、事前に農業委員会または知事の許可を受ける必要があります。(ただし、相続などによる場合は除きます。)

許可を受けていない所有権の移転などは無効で、登記もできません。将来様々な問題(相続ができないなど)を引き起こす原因にもなります。

許可を受けようとする場合は、譲受人(または借人)と譲渡人(または貸人)が、所定の様式による申請書を農地のある市町の農業委員会に提出します。

この許可制度は、譲受人(または借人)が、その農地などを耕作等することを原則としています。このため譲受人(または借人)については、一定の適格要件が定められており、これを満たさない場合には許可されません。詳しくは各市町の窓口までお問い合わせください。

ページのトップへ

Copyright Hyogo Prefecture.All Rights Reserved.