兵庫で田舎暮らし 〜多自然居住支援サイト〜

文字を拡大するには
サイトマップ プライバシーポリシー

田舎暮らしを始めよう

田舎暮らしの先輩から学ぼう

定住されたのは、いつからですか。

平成11年からです。

この地域に来られる前は、どこで、どのように生活されていましたか。

西宮市に住んで、コンピューター関係の会社に勤務していました。日曜大工やアウドドアー関係が好きで、加美区の「青年の家」に出かけたりしていました。

この地域に来られたきっかけや理由などを教えてください。

ボートを買おうかと思い、雑誌を見ていたら、この別荘地の広告を発見し、すぐに見に来て決めました。ログハウスを建てるのにぴったりだったのです。

かねてから、子どもをのびのびと育てたかったこともあり、退職を機に、夢であった家づくりを、自分で設計から建築まで行いました。以前住んでいた西宮の家は、空き家ですので、今後の活用を考えています。

この地域に来られてからは、どのように生活されていますか。

(ご主人)ここに住み始めて1年くらいすると、集落の人から「そろそろ村の付き合いをしないか」と誘われて、以来、いろいろな行事等に参加しています。

仕事は、以前の仕事を生かして、パソコン教室を開講しつつ、役場のIT推進講座の講師を務めたり、知り合いから頼まれてパソコンの組み立てや修理も引き受けています。ちょうど今は都市部のブティックに頼まれて、色占いのソフトを作成しているので、SOHO的な仕事に発展していけばいいなと思います。また、地元の建材屋さんで建築関係の仕事にも従事するなど、いろんな趣味を生かして、いろんなことを楽しんでいます。

(奥様)私は地元の都市農村交流活性化施設でアルバイトをしています。

以前の生活と比べて、よくなった点・悪くなった点について教えてください。

収入は減ったけど、精神的にははるかに楽だし、自分の時間が取れるので色々なことができるし、通勤時間がないのでいいですね。家の窓から見える田んぼは、緑のじゅうたんのようです。四季の移り変わりというより、12ヶ月の移ろいや鳥の鳴き声に感動させられます。

支出は、集落の人からよく野菜をもらえるけど、集落とのつきあいにも結構お金がかかります。

今後、この地域での生活を検討されている方に一言お願いします。

空気はいいけど、生活費は安くないです。仕事があまりないので、器用な人の方が向いているのではないでしょうか。

ページのトップへ

平山さん ご夫妻
データ

多可町で定住

Copyright Hyogo Prefecture.All Rights Reserved.