兵庫で田舎暮らし 〜多自然居住支援サイト〜

文字を拡大するには
サイトマップ プライバシーポリシー

田舎暮らしを始めよう

田舎暮らしの先輩から学ぼう

定住されたのはいつからですか。

平成17年の4月からです。

この地域に来られる前は、どこで、どのように生活されていましたか。

大阪の千里でマンション住まいをしながら、神戸の大学に勤めていました。当時から自然を満喫した生活がしたかったのです。

この地域に来られたきっかけから、今の生活について。

平成9年に社町の兵庫教育大学へ赴任した際、歓迎会で豆腐の加工体験施設「エアレーベン八千代」の豆腐を食べたのです。そのあまりのおいしさに、翌日、さっそく豆腐を買いにこちらに来てしまったのがきっかけです。私は豆腐愛好家ですので。

その後、大学の仕事で合併前の八千代町の地域医療将来計画の策定委員になったことから、クラインガルテン「ブライベンオオヤ」を勧められ、3年間入居しました。平日、ブライベンに住みこみ、週末になると家族を迎えに行っていました。

ブライベンで農作業をするために、農機具を買った「キハチ金物」さんで、農機具の使い方から肥料のやり方まで教わりました。ついには、農地を借りて本格的に農作業をするようになったのです。

今では、大学の職員や学生に、取れたものをあげています。

「ブライベンオオヤ」に滞在中、息子が野球をしたいと言い出し、町内の大和少年野球クラブに入れてもらいました。以来、息子の週末は野球三昧です。そのうち野球で親しくなった友達から誘われ、息子がこちらに引っ越したいと言い出しました。そんな時、野球でつながりのある人が家を貸すと聞き、借りることにしたのです。

以前の生活と比べて、よくなった点・悪くなった点について教えてください。

マンションが空き家なので気がかりです。学校や地域社会は、もともと気に入っているから何の問題もありません。

夏は涼しくてエアコンが要らないし、冬は寒いけどマンションと違って灯油ストーブを使えるから問題ありません。

今後、この地域での生活を検討されている方に一言お願いします。

自然だけに憧れて田舎に来るのは間違いではないかと思います。むしろ地域の文化・コミュニティに憧れて、体験交流して地域文化を理解してから来て欲しい。

八千代区は昔から高野豆腐や播州織りの関係で、他の地域の人を受け入れてきたため、地域の人が受け入れに寛容だから住みやすいですよ。

ページのトップへ

藤岡さん
データ

多可町で定住

Copyright Hyogo Prefecture.All Rights Reserved.