兵庫で田舎暮らし 〜多自然居住支援サイト〜

文字を拡大するには
サイトマップ プライバシーポリシー

田舎暮らしを始めよう

田舎暮らしの先輩から学ぼう

普段は、自営で機械刺繍をしています。

都会から、都市農村交流や週末滞在、移住して来られる方々を見て、どうお感じになられますか。地域の方はどう思われているでしょうか。

岩座神は、世帯数が20世帯くらいの小さな集落だが、地域の人がみな歓迎しています。

少子高齢化が進み、若い人が少ないので、棚田オーナー制度(H9年から)やクラインガルテン岩座神(いさりがみ)(H14年から)をきっかけに、1人でも多くの人が地域に馴染んで、住んでもらえたらうれしいですね。

棚田オーナー制度やクラインガルテン岩座神(いさりがみ)の関係のイベントが多く、地域の住民はとても忙しいが、誰も文句は言いません。

この地域は、昔と比べて何か変わりましたか。

棚田オーナー制度やクラインガルテン岩座神(いさりがみ)と関わるようになってからは、地域が“ごっつう”変わった。地域の団結が濃くなり、活力が出て、地域が明るくなりました。他の地域と比べても団結力が強いと思います。

今後、この地域はどうあるべきだと思われますか。

地元の人と都会の人では生活スタイルが違うけど、互いに相手の生き方を参考にして、いい意味で影響しあいたいと思っています。

ここでの生活を検討されている方に一言お願いします。

この地域は、静かで、空気がおいしく、人が温かいのが良いところ。ぜひ来てください。(ここに住むようになって、奥さんの喘息がなおった方もいる)

農業関係に興味のある人に来てほしいです。現時点で交流している都市住民は、みな地域のルールを守れるいい人ばかりですよ。

最近、クラインガルテン岩座神の入居者用に、集落で田を用意するなど、集落が一体となって、都市農村交流に力を入れています。

ページのトップへ

神崎さん
データ

多可町加美区で永住

Copyright Hyogo Prefecture.All Rights Reserved.