兵庫で田舎暮らし 〜多自然居住支援サイト〜

文字を拡大するには
サイトマップ プライバシーポリシー

田舎暮らしを始めよう

田舎暮らしの先輩から学ぼう

半定住(二地域居住)はいつからですか。

平成16年の4月から八千代区でお世話になっています。

この地域に来られる前は、どこで、どのように生活されていましたか。

明石市内に住み、神戸の新聞社に勤めています。以前なら、休日は日帰りドライブに明け暮れる日々を送っていました。県内を中心に、年間2万キロ走っていましたから。

この地域に来られたきっかけや理由などを教えてください。

ドライブで、ふと、「なごみの里」に立ち寄り、募集中のクラインガルテンを見て、即、申し込みました。

(奥様)ガーデニングが好きで、自宅から近いのが決め手です。

(ご主人)今までしたくてもできなかった日曜大工ができます。別荘は高いし、古民家を買っても地域と打ち解けられなかったら困るし、と二の足を踏んでいた時でした。

この地域に来られてからは、どのように生活されていますか。

週末に来て、ガーデニングや日曜大工を楽しんでいます。地域の人が親切でいいですよ。野菜の育て方なども教えてくれるし、間違っていたら頼まなくても教えに来てくれます。農業普及センターから講師を呼んで、「なごみ塾」と称した講習会もあります。

以前の生活と比べて、よくなった点・悪くなった点について教えてください。

(ご主人)ストレスが発散できて、人間が丸くなりました。ドライブをやめたので、ガソリン代が要らなくなり、その分でここの家賃が賄えます。

何年くらい検討されましたか。

震災後、ドライブを兼ねて、10年くらい、別荘や古民家を探していました。

今後、この地域での生活を検討されている方に一言お願いします。

思い立ったら迷わず、始めた方がいいと思います。迷っていると他の人が来て、空いているところがなくなってしまいますからね。私たちは定年前から始めてよかったと思います。定年前から夫婦で一緒にできる趣味が持てました。始めることで、また新しい趣味も出てくるだろうと思います。地域の方とのつきあいもでき、都会にはない楽しみがあります。

ページのトップへ

増田さん ご夫妻
データ

多可町で半定住

Copyright Hyogo Prefecture.All Rights Reserved.