兵庫で田舎暮らし 〜多自然居住支援サイト〜

文字を拡大するには
サイトマップ プライバシーポリシー

多自然居住って何? 多自然居住促進特区

神河町

神河町は、兵庫県のほぼ中央に位置するハート型のまちです。平成17年11月7日に神崎町と大河内町が合併し、神河町が誕生しました。

神河町は豊かな自然や農産物、多数の観光資源、文化・スポーツ施設を有するなど、心の豊かさを育むための環境が充実し、また各集落における住民主体の自治活動も活発に行われています。

北部は、朝来市、東部は多可町、南部は市川町、姫路市、西部は宍粟市と接しており、播磨と但馬を結ぶ、歴史ある地域として発展してきました。

神河町

交通

南北方向にJR播但線と国道312号線、播但連絡自動車道が走り、また、町の南部の福崎町には中国縦貫自動車道が位置していることから、姫路市まで約40分、京阪神まで約1時間30分以内の、良好なアクセス環境が整っています。

自然

神河町の面積は、202.27平方キロメートルで、その8割を山林が占めており、千町ケ峰を筆頭に、千ケ峰・暁晴山など、1000m級の山々に囲まれています。峰山・砥峰高原は関西地方でも有数の高原地帯となっており、自然志向型の都市住民との交流の場ともなっています。

一方、平野部分においては、小田原川、市川、越知川といった河川沿いに集落が点在しています。その河川には「ホタル」や「あまご」といった清流ならではの生き物が生息し、自然とふれあえる快適な環境づくりの整備も進められています。

ひと

平成12年(2000年)の国勢調査人口は13,500人で、平成7年(1995年)の13,829人と比べて、少し減少傾向にあります。また、年齢別の人口を見ると、年少人口、生産年齢人口の占める割合は減少している一方、老年人口のしめる割合は急速に増加し、高齢化が進んでいることがうかがえます。一方、世帯数(平成12年)は、3,847世帯で、平成7年の3,676世帯と比べ、171世帯増えています。

産業

町域の大半を占める山林を利用した農林業を基幹産業として発展してきました。近年では、大河内水力発電所や神崎工業団地の開発、観光施設の整備や特産品開発が進むなど、恵まれた自然環境と交通条件を活かした地域振興が進められてきています。


ページのトップへ

Copyright Hyogo Prefecture.All Rights Reserved.