明舞団地再生の取り組み Since 2003.10.15  



デザインコード
について

はじめに


  兵庫県では、今後本格化する再生事業の実施にあたり、個性的でまとまりのある
  住宅地景観を形成するため、「明舞景観まちづくりデザインコード」を平成17年度
  に策定することとなりました。


デザインコード(デザイン指針)とは

  個性的でまとまりのある住宅地景観を形成するため、明舞団地内の住宅・施設を
  再生(建替・大規模修繕等)する際のデザイン上の設計指針として、@壁面・屋根
  等の色彩範囲 A敷地内の植栽方針 B基本的なディテールの設定 C住棟配
  置の方針 等を定めるものです。

  また、建築主・設計者の方にデザインコードを踏まえて住宅・施設の設計をして
  いただくためのルールづくりについても検討することとなっています。

これまでの
明舞景観
デザインコード
ワークショップ


  デザインコードの策定にあたっては、学識経験者・行政・住宅管理者等により
  構成される委員会を設置するとともに、住民の方々の意見を反映するためワ
  ークショップを開催します。


  みなさんの参加によって作られた「 明舞景観まちづくりデザインコード 」
  これからの街づくりに反映され、魅力的な街が現実のものとなります。


これまでのワークショップの状況  H17.8〜H18.2
    下記をクリックしてください。活動状況がご覧になれます。
日    時 テーマ
第1回 8月27日(土)14時〜17時 景観事例研究WS
第2回 9月10日(土)14時〜17時 タウンウオッチング
第3回 10月1日(土)14時〜17時 デザインコード検討WS
第4回 11月3日(木)14時〜17時 デザインコード検討WS
第5回 H18年2月18日(土)14時〜17時 デザインコード検討WS
第6回 H18年6月10日(土)14時〜17時 デザインコード報告会

完成した
明舞景観
デザインコード
※平成20年1月27日:ガイドブックのイラストを修正しました。
(デザインコードの内容に変更ありません。)
 

  これまでのワークショップで語られた多くの意見や、学識経験者等により
 構成する「明舞景観デザインコード検討委員会における検討を踏まえ、
 「明舞景観デザインコード報告書(案)」を策定し、6月10日に開かれた
 第6回ワークショップにて報告しました。

 報告した「明舞景観デザインコード(案)」は以下のような、ガイドブック形式で作成しています。

  @表紙 
  Aデザインテーマ 
  B幹線道路沿い景観デザイン 
  C集合住宅の景観デザイン
  D戸建住宅の景観デザイン
  Eデザインコード

 より多くの方々がこのデザインコードの趣旨に賛同し、コードを守っていただけることを願っています。





 お問い合わせ 
兵庫県 県土整備部 住宅建築局
      住宅政策課 明舞団地再生担当
電  話 078−341−7711(内線4845) 
メ ール Masahiko_Tanigawa☆pref.hyogo.lg.jp
  (「☆」のところを「@」に置き換えてください)


明舞まちづくり情報発信基地
  のトップページに戻る