財団法人 兵庫県住宅建築総合センター ひょうご住まいサポートセンター トップページへ

文字サイズの変更 文字サイズ小に変更文字サイズ中に変更文字サイズ大に変更

事業概要

センター事業の概要

設置目的

 今後予想される老朽マンションの急激な増加や少子・高齢化の進展などの社会状況の変化やそれらを踏まえた「ひょうご住宅マスタープラン」の改訂を受け、(公財)兵庫県住宅建築総合センター内に「ひょうご住まいサポートセンター」を開設し、従来の相談事業に加え、新たに住まいづくり支援事業、住まいの情報提供事業等を実施することにより、住まいに係る多様な県民ニーズに対応可能な消費者重視のワンストップサービス機能の構築を目指しています。

業務内容

住まいの相談事業
  1. 一般相談 借地借家、相隣関係等の一般的な相談
  2. 専門相談 建築士・マンション管理士など専門家による相談
住まいづくりの支援事業
  1. マンションの適正な管理、計画的な建替に取り組む管理組合やコレクティブ・ハジング等の建設を計画するグループにアドバイザーを派遣・支援
  2. 住宅の耐震改修やバリアフリー化を計画する方などに、アドバイザーを派遣・支援
住まいの情報提供事業
  1. 「住宅改修業者」の登録情報提供
  2. 「ひょうごあんしん住宅ネット」の登録情報提供
  3. 田舎暮らしを支援する各種情報の提供
  4. その他、住まいに関する行政情報等の提供
住まいの普及・啓発事業

住まいに関する関係団体のネットワーク化の形成支援と連携・調整及び市町における住宅施策の推進支援

※具体的な内容については、それぞれのページを御覧下さい。

↑ページのトップへ